「成年後見」の記事一覧

補助類型について

成年後見

法定後見のうち補助類型は、平成12年(2000年)の民法改正で新たに導入されたもので、後見類型や保佐類型とは異なる特徴があります。 それは、本人の意思を尊重する仕組みが整えられていることです。 具体的には、 (1)本人以・・・

成年後見制度利用促進基本計画

成年後見

先月24日、成年後見制度の利用の促進に関する法律(平成28年法律第29号)に基づく成年後見制度利用促進基本計画が閣議決定されました。 ○成年後見制度利用促進基本計画(全文) http://www.cao.go.jp/se・・・

任意後見契約の基本形~将来型

成年後見

任意後見契約には、基本形としての将来型に加えて、即効型と移行型(併用型)という2つのバリエーションがあります。 任意後見契約の基本形は「将来型」です。将来の判断能力の低下に備えて、元気なうちに契約を締結するので、このよう・・・

任意後見と法定後見の違い

成年後見

法定後見とは、民法に規定されている後見、保佐、補助の3類型のことです。それぞれの要件(どのような状態になったら後見等に該当するか)は民法に規定されています。後見等を開始するためには、親族などが家庭裁判所に申し立て、審判を・・・

親族間任意後見契約のすすめ

成年後見

任意後見契約というと、弁護士や司法書士、行政書士といった第三者の専門職に後見人を引き受けてもらうものだというイメージをお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。 後見人は、ご本人の生活に深くかかわってくる存在です。任意後見・・・

任意後見とは

成年後見

任意後見とは、ご本人の判断能力がしっかりしているうちに、自分の判断能力が低下したときに後見人をお願いしたい人とあらかじめ契約を結んでおいて、その後、病気などで実際にご本人の判断能力が低下し、家庭裁判所に任意後見監督人(任・・・

ページの先頭へ